2009年09月06日

倅も生まれたことだし、明日を見据えて定例勉強会でも企画しようと思っている

最近、忙中ながら自分の時間を少しだけ持つようになり、先々のことを考えるともっといろんな人々の考えや思いを集積するべき場を作ることに心を砕くべきだ、というような結論にいたった。

何も自分がやらんでも、他に勉強会や講演会の類はたくさんあるだろというのはあるのだが、ある種の「運動」とか「立場の代弁」まで考えようとすると、間借りはなかなか困難だろうなあと。

仕事と育児を両立させながら、そのような活動をする余裕はあるの? という自問自答や、突発的な行事があったら勉強会どころじゃないだろうというのも考えつつ、それでも保守主義の危機というのは切実に感じている。

別に民主党が勝ったからとか短期的な物言いをしたいというのではなく。長期を見据えて、もっとしっかりとした議論を積み上げる必要がある。福沢諭吉が「民情一新」で論じた国家と国民のあり方を再考し、世界多極時代の一角として日本があるべき政治環境を整える運動の礎となるのは知識人として欠いてはならない行動だろうとも思う。

本来なら「じゃあすぐ行動。賛同者募集」とやるんだろうけど、ちと今回は乳飲み子がおるでな。ゆっくり取り組もうかと考えている。

kirik at 18:16│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。